日産・ウイングロードをどこよりも高く売るために必要なこと

日産・ウイングロードを中古車一括査定で高く売る方法

日産・ウイングロードをどこよりも高く売る3ポイントとは!

長くモデル名が継続する車には、人気があったり使い勝手が良かったり等の理由が存在します。
ここでは、日産ウイングロードの歴史と特徴について説明します。

 

ウイングロードは、1996年に日産から発売されたステーションワゴンです。
初代モデルから2回のモデルチェンジを経て、現在も販売されている息の長いモデルです。

 

その特徴としては、5ナンバーサイズのステーションワゴンの使い勝手の良さを挙げることができます。

 

元々、初代ウイングロードは、サニー・カリフォルニアとADワゴンという小型ワゴン2車種が統合されてできた車種です。
2代目、3代目とモデルチェンジをしていく中で、小型ステーションワゴンという立ち位置を変えずにきました。

 

他の車種の中には、時代に合わせてコンセプトを変えた為に、車格等を拡大したりしたものもありましたが、
ウイングロードの場合は、コンセプトに一貫性があるが為に長い間継続できているともいえ、これも特徴のひとつに挙げることができます。

 

また、スポーツカーの様にある一定の層をターゲットにした車ではなく、若い人からお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられる車だということも特徴です。
その様な事からウイングロードは多くの人に支持される人気の車だと言い換えることができます。

 

中でも本サイトは日産・ウイングロードに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産である日産・ウイングロードを高く売りましょう!
人気の日産・ウイングロードなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>日産・ウイングロードをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

 

日産・ウイングロードの歴代モデル一覧

ウイングロード 初代 Y10型(1996年 - 1999年)
初代 Y10型(1996年 - 1999年)

ウイングロードの初代 Y10型(1996年 - 1999年)は、サニーをベースにしたステーションワゴンです。
その特徴は、サニーカリフォルニアの後継モデルとして登場し、
リアオーバーハングを延長するなど居住空間などの快適性を向上させたことです。
エンジンは1.5L、1.8Lのガソリンエンジンと2.0Lディーゼルエンジンの3種類が用意されました。

ウイングロード 二代目 Y11型(1999年 - 2005年)
二代目 Y11型(1999年 - 2005年)

2代目 Y11型ウイングロード(1999年 - 2005年)の特徴は、
初代モデルよりもサイズアップが図られ、室内空間が広くなったことです。
また、ニーズに合わせてベーシックシリーズ、スポーティなエアロシリーズ、
無駄を省いたビジネスシリーズの3タイプが用意されました。
エンジンは1.5L、1.8L、2.0L3種類のガソリンエンジンで、ディーゼルは廃止されました。
ライバルのカローラフィルダーと比べると静粛性や乗り心地などの点で劣りますが、足回りはしっかりしています。

ウイングロード 三代目 Y12型(2005年 - )
三代目 Y12型(2005年 - )

ウイングロードの3代目 Y12型(2005年 - )の特徴は、ブーメランのような形をしたヘッドライトです。
大きなライトで、前から見ると、かなり印象に残ります。
車全体を横から見ると割合に長く、車体の大きなワゴン車の様に見えますが、
車幅はそれほど大きくなく、どちらかと言うとコンパクトカーに近い感じです。
内装はシンプルで視界が良く、とても運転しやすい車です。
車内は十分な広さがありますので、ゆったりと座ることができる上に
荷物がたくさん置けますので、実用性も抜群に高いです。

日産・ウイングロードの買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

日産,ウイングロード,買取,査定

広い車内と安定した走行を実現してくれることから、ウイングロードを選んで日常的に乗っている方は世間にかなり多く存在します。

 

広い車内はいろいろな荷物を載せられますし、また多くの人々を連れて運転することもできます。
そしてどっしりとした車体は重心が低くなり安定して走れるため、
家族や友達などにとても好評な車種であることはまさに疑いようのない事実です。

 

しかし長期間の運転で使用年数が少しずつ経過していくと、走行距離のメーターの数値もどんどん増えていってしまいます。
ウイングロードの各パーツに劣化の現象がどうしても起こってしまいますし、こうなると事故の可能性もきっと増えてしまうでしょう。

 

こんな時はもしかすると、買い替えのタイミングが近いサインなのかもしれません。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、日産・ウイングロードの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルの日産・ウイングロードを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

日産・ウイングロードには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくの愛車を安く手放したりしまわないでください。

1.まずは日産・ウイングロードの現在の買取り相場を調べましょう!

自分の日産・ウイングロードグレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際に日産・ウイングロードを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 東京都 H.23(2011)年 日産 ウイングロード 1.50L 62,000km 46.5万円
2 神奈川県 H.26(2014)年 日産 ウイングロード ライダー 1.49L 9,000km 154.8万円
3 千葉県 H.18(2006)年 日産 ウイングロード 15RX エアロ 1.49L 62,000km 45万円
4 福岡県 H.18(2006)年 日産 ウイングロード 1.49L 92,000km 26万円
5 千葉県 H.19(2007)年 日産 ウイングロード 1.50L 77,000km 43.1万円
6 愛媛県 H.17(2005)年 日産 ウイングロード 1.50L 72,000km 19万円
7 千葉県 H.25(2013)年 日産 ウイングロード 1.49L 27,000km 118.8万円
8 千葉県 H.15(2003)年 日産 ウイングロード G 1.49L 89,000km 9.8万円
9 千葉県 H.22(2010)年 日産 ウイングロード 1.50L 14,000km 99.8万円
10 神奈川県 H.14(2002)年 日産 ウイングロード 1.49L 95,000km 9.8万円
11 島根県 H.23(2011)年 日産 ウイング 15M V リミテッド 1.50L 59,082km 64.8万円
12 茨城県 H.24(2012)年 日産 ウイングロード 15M 1.50L 48,756kmm 78万円
13 長野県 H.21(2009)年 日産 ウイングロード 1.50L 24,234km 72.8万円
14 北海道 H.25(2013)年 日産 ウイングロード 1.50L 58,475km 88万円
15 福井県 H.28(2016)年 日産 ウイングロード 1.50L 6,523km 130.3万円
16 愛媛県 H.20(2008)年 日産 ウイングロード S 1.50L 33,974km 35万円
17 千葉県 H.16(2004)年 日産 ウイングロード 1.49L 61,000km 14.8万円
18 岡山県 H.19(2007)年 日産 ウイングロード Vリミテッド 1.50L 54,000km 35万円
19 滋賀県 H.28(2016)年 日産 ウイングロード S 1.50L 8,000km 146.9万円

(参考:車選び.com/ 2018/7) 日産・ウイングロード
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事な日産・ウイングロードを近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

日産,ウイングロード,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
日産・ウイングロードを持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店や日産・ウイングロードに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種である日産・ウイングロードなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
日産・ウイングロードに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

日産・ウイングロードの専門店や日産・ウイングロードを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

日産・ウイングロードの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろん日産・ウイングロードを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>日産・ウイングロードをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

日産・ウイングロード(WINGROAD)の特徴と買取査定体験談

日産・ウイングロード(WINGROAD)の特徴と魅力とは?

日産,ウイングロード,買取,査定

低燃費でパワフルな走りをするのが日産・ウイングロード(WINGROAD)です。
最新の日産・ウイングロードは、車体をオールアルミ製にしたことによって
軽く、そして静かに走ることができるようになりました。

 

日産・ウイングロードのエンジンは、前方で吸気を行い後方へ排気をするため吸排効率が高まっており、低排出ガス車のため環境性能についてもスマートな車です。

 

そして日産・ウイングロードは、HR25DEエンジンを搭載しており、平成17年基準排出ガス75%低減レベルに認定されています。
さらに、エクストロニックCVTにより、滑らかに加速をしていく魅力も持ち合わせています。

 

日産・ウイングロードの車内空間

車内空間は、リヤシートだけでなく助手席についてもレバーを引くだけで簡単に倒すことができ、
大きな荷物を積むときにも、楽にシート変更が可能な点も魅力的です。

 

また、大容量のアンダーボックスシステムも搭載しており、
取り外して水洗いをすることが可能なウォッシャブルラゲッジアンダーボックスもあります。

 

日産・ウイングロードを一括買取査定サイトを利用して高額で売却した体験談

結婚を機に引っ越しすることになりました。
車が必要ないところに住むことになったので、大好きで購入した日産・ウイングロード(WINGROAD)を売却することにしました。

 

私の中でウイングロードは人気で需要のある車だと思っていましたし、売却も高額でできると思っていました。
でも友人が、お店に車を持って行っても、査定額はかなり低いからショックを受けるぞというので、そんなはずはないと思っていました。

 

でも売却した人の体験談をネットでみてみると、想像以上に低い査定金額にヘコんだというものが多いことにびっくりしました。
そして一括買取査定サイトを利用すると、高額で査定がつくことが多いことをしりました。

 

一括買取査定サイトを利用してみて

最初は本当かなと疑っていましたが、実際に一括買取査定サイトを利用してみると、
入力が簡単なのにすぐに査定額がでてきてびっくりしました。

 

しかも想像していたよりもお高めでした。
念のために中古車店にも足を運んで、日産・ウイングロードを買取査定してもらったら、
その金額の低さにびっくりしました。
心の底から、一括買取査定サイトを利用してよかったなと思いました。

 

結局一括買取査定サイトで高額な査定額をつけてくれたところで売却することにしましたが、
すこしだけ安い値段になったものの、それでもかなり満足いく売却になりました。

 

知らないと損だと思いますし、色んな情報を得て、色々やってから売却をしないと後悔することになるということがよくわかりました。

 

日産・ウイングロードを中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る