トヨタ・シエンタ(SIENTA)を中古車一括査定で高く売る方法

トヨタ・シエンタ(SIENTA)を中古車一括査定で高く売る方法

トヨタ・シエンタ(SIENTA)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

トヨタ,シエンタ,買取,査定

トヨタ自動車が販売しているミニバン型乗用車「シエンタ」は、2003年に初代モデルがデビューしており、一度は販売が終了したものの、2015年にフルモデルチェンジが施されて現在は2代目が販売されています。

 

シエンタの大きな特徴は、5ナンバーサイズでありながら7人乗りを実現している点で、ホンダのフリードの競合車種として販売されていました。

 

2010年に販売が一度終了するものの、2011年5月に復活し、同時にアクティブな外観が特徴の派生シリーズ「ダイス」が追加で投入されました。その後、2015年に発売から12年経って初のフルモデルチェンジが実施され、「トレッキングシューズ」を意識したデザインの2代目が販売開始されました。

 

2代目からは先代にはなかったハイブリッドモデルが設けられており、ミニバントップクラスとなるリッター27.2キロという非常に高い燃費性能を実現しています。ガソリン車には停止時などにエンジンを自動で止める「アイドリングストップ機能」が標準で装備されており、リッター20.6キロを実現しています。なお、2代目モデルからはハイブリッド、ガソリン車ともに、日本だけでなく香港やマカオでも販売されています。

 

中でも本サイトはシエンタに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるシエンタを高く売りましょう!
人気のシエンタなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>シエンタをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

トヨタ・シエンタ(SIENTA)の歴代モデル一覧

トヨタ・シエンタ 初代 P8#G型
初代 P8#G型

2003年にトヨタから発売されたシエンタ(初代 P8#G型)は、ユニバーサルデザインを隅々まで取り入れた7人乗りのコンパクトミニバンです。その特徴は、スライドドア、低床、広い車内空間、シートアレンジが豊富と、子育てをしているファミリー層に使いやすいデザインがふんだんに取り入れられていることにあり、小さな子どもをチャイルドシートに乗せる、子どもを抱き抱えたまま乗車、降車をする、といったような場面で、安全快適に動作ができると評判になりました。

トヨタ・シエンタ 二代目 P17#G型
二代目 P17#G型

シエンタ2代目 P17#G型においては、この代で初のフルモデルチェンジが実施されました。この車は、トレッキングシューズをイメージして設計されていることが特徴です。サイドビューに関しては、後席に行くほど乗員位置が高められるラインに沿ったシルエットになっています。フロントに関しては、ヘッドランプから一筆で書き上げたかのようにつながるバンパーガーニッシュで構成されていて、バンパーの左右のコーナーを強調しています。全体の印象として、シエンタ2代目 P17#G型は機能的でユニークなボディスタイルをもつ車です。

トヨタ・シエンタ(SIENTA)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

トヨタ,シエンタ,買取,査定

トヨタシエンタは、2003年に登場した5ナンバーサイズのコンパクトなボディに、3列シートを備え7人乗りを可能にした小型ミニバンです。

 

初代シエンタのプラットフォームは前の部分がファンカーゴ用のNBCプラットフォームを使い、後部をカローラスパシオ用のMCプラットフォームを使っています。エンジンは105馬力を発生する1NZ-FE型 1.5L 直4 DOHC1種類のみの設定で、駆動方式はFFと4WDから選ぶことができました。

 

2015年にフルモデルチェンジが行われ2代目に移行しましたが、初代の可愛いデザインから打って変わって大胆な内外装のデザインに変更されました。トレッキングシューズの機能性と躍動感をイメージしたと言われています。また、ハイブリッド車が設定されたのも2代目の特徴です。JC08モード燃費は27.2km/Lとミニバンでトップを実現しています。

 

シエンタの買取価格は走行距離使用年数などのクルマの状態にもよりますが、比較的高値で安定しています。特に現行型は人気モデルとなっているので、高値が期待できるでしょう。そのため買い替えタイミングとしては、高額買取を望む場合は3年5年目車検前効果的ですが、ミニバンは家族構成によってニーズが変わりますので、ライフスタイルに合わせて買い替えタイミングを考えるのも良いでしょう。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、シエンタの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのシエンタを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

シエンタには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのシエンタを安く手放したりしまわないでください。

1.まずはトヨタ・シエンタ(SIENTA)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分のトヨタ・シエンタ(SIENTA)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にシエンタを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 大阪府 H.17(2005)年 トヨタ シエンタ X リミテッド 1.50L 45,000km 59万円
2 大阪府 H.15(2003)年 トヨタ シエンタ X 1.49L 98,000km 39万円
3 埼玉県 H.16(2004)年 トヨタ シエンタ X 1.50L 42,000km 45万円
4 埼玉県 H.16(2004)年 トヨタ シエンタ X 1.50L 100,000km 18.3万円
5 千葉県 H.18(2006)年 トヨタ シエンタ X リミテッド 1.49L 56,000km 49.8万円
6 東京都 H.15(2003)年 トヨタ シエンタ 1.5G 1.49L 61,000km 39.8万円
7 千葉県 H.19(2007)年 トヨタ シエンタ 1.50L 125,000km 29万円
8 神奈川県 H.19(2007)年 トヨタ シエンタ 1.50L 38,000km 69.4万円
9 大阪府 H.18(2006)年 トヨタ シエンタ X 1.49L 90,000km 23.5万円
10 茨城県 H.18(2006)年 トヨタ シエンタ X 1.49L 71,000km 26.8万円
11 山形県 H.20(2008)年 トヨタ シエンタ X 1.50L 56,797km 71.3万円
12 熊本県 H.21(2009)年 トヨタ シエンタ Xリミテッド 1.50L 83,242km 48.7万円
13 高知県 H.17(2005)年 トヨタ シエンタXリミテッド 1.50L 77,030km 38万円
14 新潟県 H.21(2009)年 トヨタ シエンタ X リミテッド 1.50L 55,404km 18.3万円
15 東京都 H.16(2004)年 トヨタ シエンタ 1.49L 62,650km 25万円
16 沖縄県 H.16(2004)年 トヨタ シエンタ1.5X 1.50L 34,000km 44.8万円

(参考:車選び.com/ 2018/3) トヨタ・シエンタ(SIENTA)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事なトヨタ・シエンタ(SIENTA)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

トヨタ,シエンタ,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
トヨタ・シエンタ(SIENTA)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やシエンタに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるシエンタなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
シエンタに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

トヨタ,シエンタ,買取,査定

トヨタ・シエンタ(SIENTA)の専門店やシエンタを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

シエンタの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんシエンタを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>シエンタをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

トヨタ・シエンタ(SIENTA)の特徴と買取査定体験談

トヨタ・シエンタ(SIENTA)の特徴と魅力

トヨタ・シエンタ(SIENTA)

トヨタが製造・販売するスモールミニバンがトヨタ・シエンタ(SIENTA)です。

 

販売歴史が長い車両の一つでもあり、初代においてはマイナーチェンジが数回行われていましたが12年もの間、販売されていました。

 

また、一旦生産中止になりながらも再度製造・販売が開始された稀な車種でもあります。

シエンタの魅力は取り回しの良さと高燃費性能

このシエンタは5ナンバーサイズの小型ボディに乗降性の良い両側スライドドアを採用し、多人数乗車が出来る3列シートによる7人乗りとなっており、取り回しの良いスモールミニバンとしての魅力が子育て世代に人気を博しました。

 

そして、現行モデルにおいてはシエンタ初の燃費性能に優れたハイブリッドシステムを搭載したグレードが展開され、スモールミニバンと言えど両側スライドドア、3列シートなど重量が重くなりがちで燃費性能が低くなりがちでしたが、ハイブリッドシステムを搭載する事で燃費性能にも優れたミニミニバンとして、さらに人気を呼んだのが特徴的です。

 

一括買取査定サイトの体験談を参考にしてトヨタ・シエンタ(SIENTA)を高額で売却した体験談

トヨタ,シエンタ,買取,査定

初代のトヨタ・シエンタ(SIENTA)に乗っていました。
10年目の車検のタイミングで、某国産車に乗り換えることにしました。

 

国産車のディーラーにトヨタ・シエンタの下取りを依頼したところ、他メーカーの車であることを理由に、事実上の拒否をされたのです。

 

仕方ありませんので、よく宣伝をしている中古車買取専門店に持ち込んで、査定をしてもらいました。しかし、想像をはるかに下回る査定額しか出てこなかったのです。

 

10年落ちとなると、たとえトヨタ・シエンタであってもこんなものかと、大いに失望いたしました。

ネットで一括買取査定サイトを見つける

ネットで調べてみると、一括買取査定サイトがあることを知りました。
実際に利用した人の体験談を読みますと、複数の会社からの査定をとれるので相場がわかる1回登録するだけでいいので簡単である、といった声が目立ちました。

 

私も一括買取査定サイトに登録することにしました。確かに、すぐに登録ができました。
しかも、15社近くの会社から概算査定額の連絡があったのです。一時は、携帯電話が鳴りっぱなし状態に近いこともあったほどです。

 

連絡のあった会社の査定額の高い順番に、上から3社に正式の見積りをお願いしました。
思いのほか、高額の査定額がつきましたので、内心、快哉を叫びました。

 

同じ中古車であっても、売り方一つでこんなにも金額に差が出てくることにあらためて驚きを禁じ得ませんでした。
そういった意味でも、一括買取査定サイトを使うことで、いい勉強をさせてもらったと思っています。

 

トヨタ・シエンタ(SIENTA)を中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る