スズキ・ジムニー(Jimny)を中古車一括査定で高く売る方法

スズキ・ジムニー(Jimny)を中古車一括査定で高く売る方法

スズキ・ジムニー(Jimny)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

スズキ,ジムニー,買取,査定

ジムニーのシリーズに関しては、その大きな特徴として運転のしやすさがあります。運転席が高い位置にあるため、女性や初心者でも運転がしやすくなっています。土砂降りの雨など、悪天候の場合でも視界が広いため、安定して走行することができます。

 

また、シンプルな内装も特徴のひとつです。初代のモデルから最新のモデルまで、余分なものを取り除いているシンプルな内装設計です。内装がシンプルであるため、自分好みの魅力的なアイテムを自由に取り入れることが可能で、誰のものにも似ていない車内の雰囲気をつくり出せます。

 

それからジムニーには、カスタマイズのためのパーツが非常に多く揃えられていますので、自分らしいドレスアップを楽しむことができます。エアロパーツを装着すれば、よりダイナミックなボディへと進化します。

 

ジムニーは若者にも人気があり、その理由として、小回りが利きアウトドアに向いているという点があります。高性能の四輪駆動車であるため、牽引力が強く悪路でもしっかりと走ります。

 

老若男女を問わず、ジムニーを支持している方は多いでしょう。基本的にジムニーは街乗りよりもオフロードがよく似合う車です。この車に乗って、親しい仲間とレジャーを満喫するのは最高です。

 

中でも本サイトはジムニーに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるジムニーを高く売りましょう!
人気のジムニーなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>ジムニーをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

スズキ・ジムニー(Jimny)の歴代モデル一覧

スズキ・ジムニー 初代(1970年 - 1981年)
初代(1970年 - 1981年)

ジムニー初代(1970年 - 1981年)の特徴のひとつに、色々なパーツをカスタマイズすることが可能であるという点があります。例えば、リフトアップや足回りのカスタムなど、自分好みに仕上げられます。そして、とにかく悪路に強いという点もあります。ジムニーは最低地上高が高く、ローレンジも備わっていますので、悪路でも十分に対応します。また、アウトドアシーンでの走行にもパワーを発揮します。これが長い間、根強い人気を保っている理由です。

スズキ・ジムニー 二代目(1981年 - 1998年)
二代目(1981年 - 1998年)

日本が誇るリアルオフローダーともいえるのがジムニーです。
その中でも2代目(1981年 - 1998年)として発売されたモデルの魅力は数え切れません。
現行モデルより角ばったデザインで見切りが良く、特徴としてはターボモデルが標準となったことです。
走破性などは変わらず優秀で、パワフルになったエンジンが特徴ともいえます。
インテリアも飾り気がなく、質実剛健といった風情です。
悪路での走破性に関しては、言うまでも無く非常に優秀です。

スズキ・ジムニー 三代目(1998年 - )
三代目(1998年 - )

3代目ジムニー(1998年 - )が登場して早18年、先代もロングセラーでしたが3代目もいつの間にか息の長いモデルとなっていました。今や同じスズキではハスラーが大ヒットを飛ばしていますが、ジムニーもコアなファンに支えられています。そんなジムニーの特徴は、通常の乗用車型モノコックボディであるハスラーと比べて、圧倒的に頑丈で屈強、高剛性でハードなオフロード走行にも耐えられるラダー(はしご型)フレームを採用、通常の舗装路から林道や砂利道、雪道や凍結路などあらゆるステージに対応できる4WDシステム「ドライブアクション4×4」、軽自動車では圧倒的に頑丈な660ccターボエンジンなどがあります。また、社内外問わずアフターパーツやカスタムパーツが多いのも特徴です。

スズキ・ジムニー(Jimny)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

スズキ,ジムニー,買取,査定

ジムニーは手軽に運転でき、なおかつオフロードでの高い運動性能から、山道での使用や、砂浜での走行など差な様々なシチュエーションで活躍出来る車です。

 

コンパクトながら無骨な造りなので、町乗りの車や最近のエコカーなどとは一線を画しており、愛好家を中心に根強い人気を誇っています。そんなジムニーですが、どのようなタイミングで買い替えるを行うのがよいでしょうか?

 

基本的に走行距離による買い替えのタイミングはありません。使用状況やメンテナンスの状況により大きく左右されるためです。特に悪路を走る機会が多い場合はメンテナンスを特に入念に行いましょう。

 

よく起こる故障箇所の一つとして、デフのオイル漏れがあります。一概にはいえませんが、走行距離5万キロ使用年数3年を越え始めたら、注意が必要です。

 

もう一つはギアのシンクロ機構です。マニュアル車が多いジムニーでは、ギアの変速時に回転数を合わせるシンクロ機構を酷使しています。いつ壊れるかは分かりませんが、オーナーが変わったときなどのタイミングで故障しやすいです。

 

慣れればそのまま乗り続けてもいいですが、いやな場合は交換になると思います。その場合かなり大掛かりな修理になるので、見積もり次第では、シンクロ機構が壊れたタイミングで買い替えるのは、一つの目安になります。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、ジムニーの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのジムニーを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

ジムニーには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのジムニーを安く手放したりしまわないでください。

1.まずはスズキ・ジムニー(Jimny)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分のスズキ・ジムニー(Jimny)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にジムニーを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 埼玉県 H.9(1997)年 スズキ ジムニー ランドベンチャー 0.65L 83,000km 93万円
2 埼玉県 H.9(1997)年 スズキ ジムニー CC 0.65L 97,000km 88万円
3 福岡県 H.3(1991)年 スズキ ジムニー 0.65L 102,000km 65万円
4 愛知県 S.61(1986)年 スズキ ジムニー 0.53L 不明 50万円
5 埼玉県 S.58(1983)年 スズキ ジムニー ハーフメタルドア 0.53L 67,000km 58万円
6 福岡県 H.13(2001)年 スズキ ジムニー ワイルドウインド 0.65L 129,000km 29万円
7 埼玉県 H.19(2007)年 スズキ ジムニー ワイルドウインド 0.65L 101,000km 58.8万円
8 神奈川県 H.8(1996)年 スズキ ジムニー ワイルドウインド 0.65L 109,000km 49.8万円
9 埼玉県 S.59(1984)年 スズキ ジムニー 0.53L 29,000km 95万円
10 佐賀県 H.13(2001)年 スズキ ジムニー J2 0.65L 115,000km 39万円
11 徳島県 H.6(1994)年 スズキ ジムニーシエラ 6インチ 1.30L 123,600km 168万円
12 愛媛県 H.12(2000)年 スズキ ジムニー XC 0.66L 166,000km 19.8万円
13 新潟県 H.14(2002)年 スズキ ジムニー FIS 0.66L 118,400km 65万円
14 広島県 H.24(2012)年 スズキ ジムニー クロスアドベンチャー 0.66L 34,175km 139万円
15 香川県 H.23(2011)年 スズキ ジムニー クロスアドベンチャー 0.66L 53,100km 123万円
16 新潟県 H.12(2000)年 スズキ ジムニーXC TB 0.66L 136,000km 28万円
17 香川県 H.10(1998)年 スズキ ジムニー ランドベンチャー 0.66L 109,600km 35万円

(参考:車選び.com/ 2018/7) スズキ・ジムニー(Jimny)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事なスズキ・ジムニー(Jimny)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

スズキ,ジムニー,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
スズキ・ジムニー(Jimny)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やジムニーに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるジムニーなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
ジムニーに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

スズキ,ジムニー,買取,査定

スズキ・ジムニー(Jimny)の専門店やジムニーを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

ジムニーの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんジムニーを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>ジムニーをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

スズキ・ジムニー(Jimny)の特徴と買取査定体験談

スズキ・ジムニー(Jimny)、その特徴と魅力とは

スズキ・ジムニー(Jimny)

スズキ・ジムニー(Jimny)は1970年から製造・販売されているスズキのオフロード4WD軽自動車です。

 

自動車は年を追うごとにより快適に、より静粛性を持つよう進化していますが、ジムニーは走破性耐久性といった点を重視した車で、その質実剛健さが他にはない大きな魅力となっています。

悪路を走破するための様々な装備が特徴

頑丈なラダーフレーム小型軽量のボディ、乗り心地を犠牲にしながらも悪路でのストロークを大きく取ることの出来るリジットアクスルサスペンションの採用、通常時は後輪駆動で必要に応じて4WDに切り替えられるパートタイム4WD機構、ギア比を変更できる副変速機など、実用性重視のジムニーは山岳地帯や積雪地で作業する人たちの足として長年愛用されています。

 

また、ジムニーの現行モデルは1998年から長年モデルチェンジを行っておらず、その関係でパーツや中古車両が市場に豊富に流通しているのも特徴です。
もともとの頑丈なボディに加えて修復も容易、加えてパーツも入手しやすいことから、ダートトライアルなどのベース車両として使われることもあります。

スズキ・ジムニー(Jimny)を一括買取査定サイトで満足して売れた体験談

スズキ,ジムニー,買取,査定

スズキ・ジムニー(Jimny)の見た目が好きで買ってみたのですが、少し実用性が低いかなという感じでした。

 

林道などを走るわけでもありませんし、自分の地域では雪もあまり降らないので悪路を走るということもありません。

 

普通の舗装路を走るだけだと乗り心地も悪く、スピードも出ないので使い勝手が悪いなと感じてしまいました。

 

もちろん、そのようなこともある程度覚悟はしていたのですがここまでだとも思っていなかっただけに失敗をしたと思ってしまいました。

少しでも高く売るために一括買取査定サイトを利用

そこで、初回の車検を前に売ることにしたのですがジムニーは比較的高く売りやすいという話を聞いていたので、少しでも高く売るため一括買取査定サイトを利用してみることにしたのです。自分と同じような経験をした人が、一括買取査定サイトを利用してそこそこの金額で売れたという体験談があったので真似をしてみることにしたのです。

 

趣味性の高い車だっただけに、店ごとによる評価額というのは結構違うものでジムニーを専門的に取り扱っているような店は、なかなかいい金額を提示してくれました。しかし、あくまでも仮査定でしたから実際の金額はいくらになるかなという感じだったのですが、2つの業者が特に積極的に買いたいと言ってきてくれたおかげでかなり金額がアップしたので助かりました。

 

ジムニーという車の特性もあるのでしょうが、買値からほとんど値下がりなく売ることができたので経済面で本当に助かりました。

 

スズキ・ジムニー(Jimny)を中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る