トヨタ・クラウン(CROWN)を中古車一括査定で高く売る方法

トヨタ・クラウン(CROWN)を中古車一括査定で高く売る方法

トヨタ・クラウン(CROWN)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

トヨタ,クラウン,買取,査定

いつかはクラウンに乗りたい、という夢を抱いている人も多いはずです。

 

クラウンのシリーズには、国産セダンを語る上で欠かすことができない、と大衆に意識される特別な存在だという特徴があります。

 

車とは、自分のステータスを表現するアイテムでもあります。社会的に成功したときに、威風堂々としたクラウンで優雅に走れば、世間から羨望のまなざしを得られます。その車がまさに、高級サルーンであるクラウンのシリーズです。

 

その確固たるデザインと性能には、普遍的なものを感じてしまうほどです。クラウンのシリーズには、大きく分けて次のふたつがあります。
ひとつは、スポーティーな走りを演出するアスリートです。もうひとつは、ラグジュアリーを志向するロイヤルサルーンです。
中高年だけをターゲットにしているのではなく、若者がドライブを楽しむスポーツセダンとしての存在感も大きいでしょう。

 

そんなクラウンも初代から現在まで、数多くのモデルチェンジが行われてきました。
現行モデルはシャープに洗練され近未来的なイメージもあり、初代モデルと見比べてみると、ずいぶん進化しています。
しかし、高い性能のある親しみやすい車であることに変わりはなく、その根底に受け継がれているスピリットは不滅なものでしょう。

 

中でも本サイトはクラウンに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるクラウンを高く売りましょう!
人気のクラウンなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>クラウンをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

トヨタ・クラウン(CROWN)の歴代モデル一覧

トヨタ・クラウン 初代 RS型/S2#型/S3#型
初代 RS型/S2#型/S3#型

日本を代表する高級車であるトヨタクラウンの初代RS型/S2#型/S3#型が誕生したのは1955年のことでした。アメリカのクルマを参考にしつつも純国産設計で開発され、個性豊かなデザインや後部座席からの乗り降りがしやすいように観音開きにしたことなどが特徴と言えます。搭載されたエンジンは48馬力を発生する1500ccで、最高速度は100キロでした。サスペンションはフロントがコイルスプリング式で、リアがダブルウィッシュボーン式が採用されていました。

トヨタ・クラウン 二代目 S4#型
二代目 S4#型

1962年にフルモデルチェンジしたトヨタクラウンの2代目 S4#型の特徴は、デザインが大幅に変更されたことです。まず小型車規格が改正され、それに合わせて全長が長くなりました。またアメリカのクルマと雰囲気が似ており、フォード・ファルコンを参考にしたと言われています。クラウンの象徴である王冠は、この2代目 S4#型から採用され、11代目まで続きます。搭載されたエンジンは直列6気筒の2.0Lまでサイズアップされました。

トヨタ・クラウン 三代目 S5#型
三代目 S5#型

1967年にモデルチェンジが行われた3代目 S5#型クラウンは、2代目よりさらにサイズが大型化しました。しかし、デザインはアメリカのクルマの真似ではなく、「日本の美」をテーマにした高級で、落ち着きのあるものとなったことが特徴です。またペリメーターフレームを採用し、室内が広くなり居住性が向上しています。遮音材も効果的に配置され、静粛性の面でも高級車らしい静かな乗り心地を実現しています。驚くべきは、このように高級感が増していながら、車両価格は88万円に抑えられたことです。

トヨタ・クラウン 四代目 S6#/7#型
四代目 S6#/7#型

1971年に4代目 S6#/7#型に生まれ変わったクラウンの特徴は、デザインが大幅に変更され、おしゃれでスポーティになったことです。特徴的なフロントマスクは、「くじら」の愛称を持っています。2ドアハードトップは、若者向けでかっこいいスタイルでした。しかし、時代を先取りしたデザインは、保守的なユーザーから敬遠され、販売的には成功しませんでした。ライバル車である日産セドリックにも逆転されてしまいました。

トヨタ・クラウン 五代目 S8#/9#/10#型
五代目 S8#/9#/10#型

1974年にモデルチェンジした5代目 S8#/9#/10#型クラウンの特徴は、4代目で不評だったスタイルを3代目モデルと似た直線基調の重厚感がある戻したことです。搭載されたエンジンは直列6気筒2.0Lと2.5L、そして2.2Lディーゼルの3種類が用意されました。またボディーバリエーションとして4ドアピラードハードトップが新たに加わっています。5代目 S8#/9#/10#型のときに、排ガス規制が変わり、そのために苦しんだモデルでもあります。

トヨタ・クラウン 六代目 S11#型
六代目 S11#型

クラウン6代目 S11#型は1979年から1983年にかけて製造されました。コンセプトとして日本の薫りをモチーフに、スタイルは直線的なイメージを採用した物です。その大きな特徴として当時としては最先端の運転席パワーシートやクルーズコンピューターを搭載したことが話題となりました。
ラインアップは2ドアハードトップ、4ドアセダン、5ドアワゴン、そしてバンが有りましたが、この世代を最後にクラウンの2ドアハードトップは廃止されました。

トヨタ・クラウン 七代目 S12#型
七代目 S12#型

クラウン7代目 S12#型は1983年から1987年にかけて販売されたもので、その大きな特徴はクリスタルピラーと呼ばれるCピラーにあります。クリスタルピラーは当時としては珍しいピラー上に樹脂処理を施し独特の光沢を生み出すもので、高級感を効果的に演出したものとなりました。また、この世代では、いつかはクラウンというキャッチフレーズが使われました。
ボディバリエーションとしては4ドアハードトップ、4ドアセダン、ワゴン、バンが用意され、4ドアハードトップがクラウンに誕生した最初の世代でもあります。

トヨタ・クラウン 八代目 S13#型
八代目 S13#型

1987年から1999年の12年間にかけて製造販売された8代目 S13#型トヨタクラウンは、直線基調のデザインの中にも曲面を巧みに取り入れ、気品と優雅さに溢れたデザインに生まれ変わったのが特徴です。4ドアハードトップは3ナンバーのワイドボディが用意され、室内が狭くなるのを補っています。販売当初はバブル景気とも重なり、一時はカローラよりも売り上げがあった時期もありました。1990年は歴代最高の23万9858台を売り上げています。

トヨタ・クラウン 九代目 S14#型
九代目 S14#型

1991年にフルモデルチェンジしたクラウンは、9代目 S14#型に移行しました。その特徴は、この代から3ナンバーとなったことです。また、これまで直線基調だったデザインが、エッジに丸みを持たせたデザインに変更されたことも新鮮な印象を与えました。グレード構成では、アスリートLに代わってロイヤルツーリングが新たなスポーツグレードとして登場し、上級モデルとしては4000ロイヤルサルーンGからマジェスタに変更されています。

トヨタ・クラウン 十代目 S15#型
十代目 S15#型

クラウン10代目 S15#型の特徴は、先代モデルに比べて車体重量を100キログラム以上の軽量化を行い1490キログラムになりました。軽量化により軽快な走りを実現させたことです。エンジンは2リッターから3リッターまで用意しました。この代は1995年から2001年まで製造されました。コンセプトとして今までの保守的な流れを受け継ぎながらも運動性能を向上させることを明確にしたモデルです。また、このモデルから4WD車をラインナップしました。

トヨタ・クラウン 十一代目 S17#型
十一代目 S17#型

1998年に11代目 S17#型にフルモデルチェンジされたクラウンの特徴は、ボディ剛性を向上させるために25年間続いたハードトップを廃止し、ドアサッシュを持つ通常の4ドアセダンになったことです。また、スポーツグレードのアスリートが復活し、ロイヤルサルーンシリーズとの2本立てとなりました。アスリートVは280ps/38.5kgmを発生する1JZ-GTE型 2.5L 直6 DOHC ターボエンジンを搭載し、サスペンションは4輪ダブルウィッシュボーン式が採用されています。

トヨタ・クラウン 十二代目 S18#型
十二代目 S18#型

日本を代表するトヨタクラウンは、2003年に12代目 S18#型にフルモデルチェンジしました。ゼロクラウンというキャッチコピーからもわかるように、プラットフォームから見直し、エンジンもサスペンションも刷新することになりました。プラットフォームは新開発のNプラットホームとなり、エンジンは直列6気筒から静粛性が優れるV6に変更されました。デザインでは、長らく続いていた保守的なデザインから、大きなヘッドライトに特徴がある流麗なデザインに変更されています。

トヨタ・クラウン 十三代目 S20#型
十三代目 S20#型

クラウンの13代目 S20#型は、2008年から2012年の間に生産されたモデルです。その最大の特徴は、13代目からリアのエンブレムの配置が変更されたことにあります。つまり、これまでは、右側にCROWN、左側にグレード名だったものが、13代目から右側にグレード名、左側にCROWNという配置となったのです。
また、ハイブリッドモデル限定ですが、13代目 S20#型は、世界で最初に全面液晶パネルを使用したグラスコックピットメーターを採用した自動車であるということも、大きな特徴と言えるでしょう。なお、この2つ以外の先代からの変更点としては、デザインのシャープ化やディスチャージランプのプロジェクター化、リアのバンパーとマフラーの一体化などが挙げられます。

トヨタ・クラウン 十四代目 S21#型
十四代目 S21#型

クラウン14代目 S21#型は、安心と信頼といった伝統を積み重ね、正統派セダンとして確立されたことが特徴となっています。エンジンについては、高速クルージングや市街地走行に対して、最適のチューニングが施されていて、車内の乗り心地や静粛性が重視されています。また、ギア段を固定できるトランスミッションを備えているため、クラウンという大きなボディを、軽快さをもつ小型車のように走らせることができます。木目調のウッドパネルが使用されているインテリアは、とてもゴージャスで魅力的です。特別限定色であるピンク色のクラウンも、インパクトがあって印象が強いです。

トヨタ・クラウン(CROWN)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

トヨタ,クラウン,買取,査定

トヨタクラウンは1951年の初代モデルが登場してから67年間もの長きにわたって続いている日本を代表する高級車です。「いつかはクラウン」というキャッチコピーは有名で、成功者の証として、多くの人の憧れのクルマとなりました。

 

日本人が考える高級車像が反映されており、保守的なデザインが長らく続いてきましたが、レクサスブランドが誕生し、クラウンを超えるような高級なクルマが登場するようになると、スポーティで斬新なデザインが採用されるようになってきています。

 

象徴的だったのは現行モデルのピンククラウンでしょう。

 

クラウンの構成は、標準タイプのロイヤルサルーンシリーズとスポーツグレードのアスリートシリーズで構成されています。また、上級モデルとしてマジェスタがあります。それぞれ乗り味やクルマの性格が違うので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

 

クラウンのユーザーは比較的長く乗り続ける人が多く、そのため売却時の使用年数走行距離多めになる傾向があります。年式が古くなると、買取価格はかなり値落ちしてしまう傾向がありますが、中古車市場でも人気モデルなので他の高級セダンと比べると高値が期待できます。

 

買い替えのタイミングとしては、新型が登場したときに買い替えるユーザーが多いようです。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、クラウンの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのクラウンを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

クラウンには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのクラウンを安く手放したりしまわないでください。

1.まずはトヨタ・クラウン(CROWN)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分のトヨタ・クラウン(CROWN)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にクラウンを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 大阪府 H.17(2005)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 2.99L 57,000km 109万円
2 大阪府 H.17(2005)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 2.99L 67,000km 99万円
3 神奈川県 H.14(2002)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 2.50L 49,000km 39万円
4 神奈川県 H.11(1999)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 3.00L 59,000km 36万円
5 静岡県 H.16(2004)年 トヨタ クラウン スーパーデラックス Gパッケージ 1.98L 82,000km 65万円
6 三重県 H.15(2003)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン プレミアム21 2.98L 73,000km 39.7万円
7 神奈川県 H.14(2002)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 2.49L 66,000km 29.8万円
8 神奈川県 H.14(2002)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン プレミアム 2.49L 74,000km 25.8万円
9 神奈川県 H.15(2003)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン プレミアム 3.00L 33,000km 46万円
10 京都府 H.15(2003)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン G 3.00L 108,000km 25.3万円
11 島根県 H.20(2008)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 3.00L 58,690km 146.3万円
12 愛媛県 S.48(1973)年 トヨタ クラウン デラックス 2.00L 55,700km 128万円
13 香川県 H.25(2013)年 トヨタ クラウン ロイヤル ハイブリッド 2.50L 81,000km 259万円
14 新潟県 H.16(2004)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 3.00L 72,300km 49万円
15 愛媛県 H.18(2006)年 トヨタ クラウン アスリート 60th 2.50L 63,987km 115.6万円
16 岐阜県 H.16(2004)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 2.99L 103,090km 39万円
17 福岡県 H.9(1997)年 トヨタ クラウン ロイヤルサルーン 3.00L 30,000km 52万円

(参考:車選び.com/ 2018/3) トヨタ・クラウン(CROWN)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事なトヨタ・クラウン(CROWN)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

トヨタ,クラウン,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
トヨタ・クラウン(CROWN)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やクラウンに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるクラウンなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
クラウンに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

トヨタ,クラウン,買取,査定

トヨタ・クラウン(CROWN)の専門店やクラウンを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

クラウンの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんクラウンを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>クラウンをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

トヨタ・クラウン(CROWN)の特徴と買取査定体験談

トヨタ・クラウン(CROWN)の魅力と特徴

トヨタ・クラウン(CROWN)

国内の自動車メーカーの一つであるトヨタが製造・販売する最上位車種がトヨタ・クラウン(CROWN)です。

 

トヨタ・クラウンは同ブランドにおける最上位車種であることから高級車としての位置付けとなっています。

 

また販売歴史も長く、歴代モデルも多いのが特徴です。

クラウンの魅力は豪華で上質なインテリアと快適な室内空間

トヨタ最高峰の高級車としての位置付けであることから、どの歴代モデルにおいても上質なインテリアが魅力的でもあり、さらには4輪独立サスペンションを採用し乗員の快適さを追求した車であるのも特徴の一つです。

 

さらに、大排気量エンジンを搭載する事で大排気量エンジンならではのゆとりのある走行性能を持っており、快適なクルージングが出来るのもクラウンならではの魅力です。くわえて、モデルチェンジを重ねるごとに上質なインテリアに豪華装備が多数装着されモデルチェンジが行われる毎に快適性が常々向上しています。

 

また、スポーティモデルであるクラウンアスリートは、専用サスペンションを採用しハンドリング応答性走行安定性能を向上させたモデルであり、クラウンのグレード展開の中でも特に人気が高いものとなっています。

 

トヨタ・クラウン(CROWN)が一括買取査定サイトのおかげで高く売れた体験談

トヨタ,クラウン,買取,査定

一時期お金に余裕があった時があったため、トヨタ・クラウン(CROWN)を買ってみました。

 

さすがに日本の代表的な高級車だけあって非常に乗り心地もよく、良い車に乗っているという実感があったのですが景気が良かったのはその時だけでそれから急に金欠になってしまって、クラウンに乗り続ける余裕がなくなってしまいました。

 

車がどうしても必要というのであれば、無理して乗り続けても良かったのですがなくてもそれほど困らないということがわかったので、それならいっそのこと売ってしまおうかなと考えたのです。

 

自分にとって成功の象徴のようなものですから、少し惜しいような気もしましたが車ばかりに金を取られても仕方ないのでとりあえず売ることにしました。

出来るだけ高く売るために一括買取査定サイトを利用

高い車に加えて金欠状態だったので、少しでも高く売りたいと考えた結果一括買取査定サイトを利用することにしました。

 

体験談などを見ても、これを利用することによって金額が大幅に変わってくるということだったので、お金に余裕が無い自分としては少しでも高くと一括買取査定サイトでじっくり金額の比較をすることにしたのです。

 

利用してよかったと感じたこととしては、元が高い車だけあって査定額の差はかなりの開きがあり安いところと高いところで30万円ほど、高めの中でも5万円前後の差があったのでこれだけ差がでるものなのかと驚いてしまいました。

 

その後はじっくりと交渉をして粘った結果、十分に高い金額でクラウンが売れたためかなり助かりました。

 

トヨタ・クラウン(CROWN)を中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る