ダイハツ・コペン(COPEN)を中古車一括査定で高く売る方法

ダイハツ・コペン(COPEN)を中古車一括査定で高く売る方法

ダイハツ・コペン(COPEN)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

ダイハツ,コペン,買取,査定

コペンはダイハツ工業が製造、販売するFFのツーシーターのオープンカーです。2002年に発売されてから2012年までに次々と特別仕様車を発売しましたが一旦生産が終了し、しかし間もない2014年に再び2代目が登場し現在に至ります。

 

このシリーズの特徴はやはり軽自動車といった日本独自の規格によって体現したコンパクトスポーツという点で、市販ベースの軽として初となる電動油圧ポンプ方式の開閉ルーフの採用といった部分もさることながら、実際に走行時に感じる風やエンジン音、タイヤから伝わる道路の感触は他のどの車でも得られないものです。

 

コンパクトな車体ですから、実際のスピードよりも体感的に速く感じますし、加えて軽量な車体による加速性能は高く、停止している状態やコーナリングからの立ち上がりは普通車にも引けを取りません。外観は可愛らしいともいえるデザインですがインテリアは本格的で、若い女性からシニア層まで幅広い層に支持されています。

 

通常軽自動車を購入する方は燃費や実用性といった点を重要視し、コペンはそういった部分ではマイナスともいえる仕様ですが、純粋に走りを楽しむことができる数少ない日本独自のライトウェイトスポーツカーとして発売以来確かな存在感を発揮しています。

 

中でも本サイトはコペンに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるコペンを高く売りましょう!
人気のコペンなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>コペンをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

ダイハツ・コペン(COPEN)の歴代モデル一覧

ダイハツ・コペン 初代 L880K型
初代 L880K型

ダイハツが2002年から2012年まで製造販売していた軽自動車の2ドアオープンカー初代 L880K型コペンの特徴は、丸い形状の可愛いボディと、スポーティな走り、そして軽自動車では世界初となる電動油圧ポンプ開閉式のルーフが採用されたことです。中古車市場ではプレミア価格がつき、値落ちがほとんどなく売買されています。希少性が高く、ホンダのビートと人気を二分しています。2年の空白を置いて、2014年に2代目が登場しています。

ダイハツ・コペン 二代目 LA400K型
二代目 LA400K型

コペン2代目 LA400K型の特徴としまして、車体が強化された点が挙げられます。スポーツカーを名乗ることに着目し、車体剛性の高さを追求しています。強固な骨格によって、サスペンションに荷重がかけられるコーナーへの進入時においても、タイヤの踏ん張りが効いています。また、コーナーからの脱出時にアクセルを踏んだ場合でも、トラクションが活かせるようになっています。ステアリングを切ったときにも、素直なレスポンスがあり切った分だけ曲がることができます。このように、コペン2代目 LA400K型では走りが進化しています。

ダイハツ・コペン(COPEN)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

ダイハツ,コペン,買取,査定

ダイハツが製造販売している軽自動車の二人乗りオープンカーのコペンは、希少性が高く、高額買取が期待できるクルマです。

 

初代モデルのL880K型は2002年から2012年までの10年にわたって製造されました。丸みを帯びた可愛いデザインはドライブを楽しくしてくれそうな印象を与え、パワートレインは47kW(64馬力)を発生する直列4気筒DOHCツインスクロールターボJB-DETエンジンのみで、パワフルな動力性能が魅力でした。

 

2014年にフルモデルチェンジが行われLA400K型に移行しましたが、初代モデルとは違いシャープな印象を与えるデザインに生まれ変わりましたまた、ボディ外板の一部を樹脂化して着脱が可能となり、好きなカラーや形を組み合わせることができるようにしたのが大きな特徴です。ボディタイプはベーシックなローブ、スポーティなエクスプレイ、そして初代モデルを彷彿させる丸型のヘッドライトを搭載したセロの3タイプがあります。

 

コペンの買い替えに関しては、どのタイミングで売っても高額買取が期待できます。走行距離使用年数が増えるとその分買取価格は下がりますが、それでも他のクルマと比較すると落ち込みが少ないでしょう。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、コペンの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのコペンを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

コペンには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのコペンを安く手放したりしまわないでください。

1.まずはダイハツ・コペン(COPEN)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分のダイハツ・コペン(COPEN)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にコペンを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 茨城県 H.15(2003)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.66L 121,000km 53.8万円
2 茨城県 H.14(2002)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 85,000km 68.8万円
3 福岡県 H.15(2003)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 18,000km 87万円
4 福岡県 H.14(2002)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 137,000km 39.8万円
5 埼玉県 H.23(2011)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 情報なし 9,000km 150万円
6 茨城県 H.15(2003)年 ダイハツ コペン アクティブトップ1 Anvエディション 0.66L 92,000km 56.8万円
7 茨城県 H.15(2003)年 ダイハツ コペン アクティブトップ レザーパック 0.65L 101,000km 56.8万円
8 茨城県 H.14(2002)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 48,000km 77.7万円
9 茨城県 H.16(2004)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 66,000km 78.8万円
10 群馬県 H.14(2002)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.65L 69,000km 76.8万円
11 静岡県 H.18(2006)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.66L 34,000km 88.9万円
12 新潟県 H.14(2002)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.66L 61,500km 68万円
13 徳島県 H.15(2003)年 ダイハツ コペン アクティブトップ 0.66L 152,000km 63万円
14 愛媛県 H.21(2009)年 ダイハツ コペン アルティメットED2 0.66L 52,000km 123万円
15 岡山県 H.26(2014)年 ダイハツ コペン ローブ 情報なし 9,000km 205万円

(参考:車選び.com/ 2018/7) ダイハツ・コペン(COPEN)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事なダイハツ・コペン(COPEN)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

ダイハツ,コペン,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
ダイハツ・コペン(COPEN)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やコペンに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるコペンなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
コペンに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

ダイハツ,コペン,買取,査定

ダイハツ・コペン(COPEN)の専門店やコペンを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

コペンの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんコペンを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>コペンをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

ダイハツ・コペン(COPEN)の特徴と買取査定体験談

ダイハツ・コペン(COPEN)、その特徴と魅力について

ダイハツ・コペン(COPEN)

ダイハツ・コペン(COPEN)は2002年から生産の始まった軽自動車で、日本車の中では珍しいオープン2シーターの車です。
現在はLA400K型と呼ばれる2代目のモデルが製造・販売されています。

日本車には珍しい「オープンカー」

オープンカーには「幌」がつきものですが、コペンの場合は電動油圧ポンプ式の開閉式ルーフが装備されており、スイッチひとつで屋根付きの状態に切り替えられるようになっています。

軽自動車規格いっぱいで楽しめるスポーティーな走り

また、コペンは初期のモデルからMT・AT両方が用意され、かつ同じ車両価格に設定されていました。
軽自動車の上限いっぱいである660ccのエンジンにターボを搭載し、パワーも十分。
マニュアル車が運転できない人でも比較的低価格でオープンカーの開放感とスポーツ走行を味わうことができるのがダイハツ・コペンの大きな魅力です。

多種多様なドレスアップ

また、2代目モデルはD-Frameという骨格構造とDress-Formationという脱着構造を持っており、ボディの一部を違う色のパネルに変えたりヘットランプを着せ替えたり、という一風変わったドレスアップが可能になっているのも特徴です。

 

 

ダイハツ・コペン(COPEN)を一括買取査定サイトに出して高値で売れた体験談

ダイハツ,コペン,買取,査定

ダイハツ・コペン(COPEN)に乗っていたのですが、面白い車ではあるのですが実用性がないので不便を感じていました。

 

それを承知で買ったのですが、一人で使っていても不便に思うことがあるので車検が迫ってきたこともあって手放そうかなと思い始めたのです。

 

二台持つことができる余裕があれば、残しておきたい車ではあったのですがそのような余裕もありませんから、売って新しい車を買う資金に当てようと思ったのです。

体験談を見て一括買取査定サイトを利用してみることに

大事に乗っていたのでできるだけ高く買ってもらいたいと思い、どうすれば高く売れるのか情報を集めていると一括買取査定サイトを利用したら高値で売れたという体験談があったのでそれに倣ってみることにしました。

 

一括買取査定サイトを使ってみると思いの外便利で、簡単に査定の申込をすることができ役に立ちました。
趣味性の高い車でしたから業者によって買取金額が結構違うことがわかって、これを事前に知らなかったら損をしていたかもしれないと感じました。

 

評価が高かった業者から実際に査定をしてもらったのですが、実車を見ると状態がいいということで更に高く評価をしてくれたのです。

 

それだけに一体いくらぐらいの金額で売るのが一番良いのだろうかと逆に迷ってしまったのですが、じっくり交渉をして2つの業者の金額を比べながら最終的に自分の希望額を提示してくれた業者にダイハツ・コペン(COPEN)を売ることで満足のできる金額になりとても助かりました。

 

ダイハツ・コペン(COPEN)を中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る