日産・シーマ(Cima)を中古車一括査定で高く売る方法

日産・シーマ(Cima)を中古車一括査定で高く売る方法

日産・シーマ(Cima)をどこよりも高く売る3ポイントとは!

日産,シーマ,買取,査定

シーマは、1988年(昭和63年)のバブル経済の真っ只中で、日産自動車が販売していた高級セダン「セドリック」「グロリア」の更なる上級仕様として誕生・発売しました。そのため、日産の最高級車の地位を常に持つようになるのがシリーズの特徴です。

 

特に初代のシーマは、メンバーズカーとして500万円にもかかわらず、初めの1年間だけで36,400台が販売されたほどの人気で、4年間の販売台数は12万9,000台にも及び、「シーマ現象」という言葉を生み出しました。まさに一世を風靡した自動車として記憶されています。

 

しかし、バブル景気が過ぎ去ると代を重ねるごとにコンセプトが曖昧となり、人気は下降、かつての強力な存在感を失ってとうとう4代目に生産終了となりました。しかし、その後、約1年9か月を経た2012年、シーマは、フーガのハイブリッドとして復活。ハイプリッド仕様のため、それまで最高価格のフーガよりも価格が高くなり、再び現在の日産の最高級車となりました。

 

このように初代と同様に今も日産のイメージ車としての地位を担う役目を負っているのが特徴です。そのため、初代からの続くやや大きめなボンネットはそれを印象付けており、また、常に、どこかに、高級車ジャガーやベンツに似た外観を一部に取り入れているのもシリーズの特徴です。

 

中でも本サイトはシーマに絞って、最も高く売る方法を簡単にまとめてみました。
しっかりとチェックして大事な資産であるシーマを高く売りましょう!
人気のシーマなら、きっと高価買取してくれる業者が見つかるはずです。

 

>>シーマをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

日産・シーマ(Cima)の歴代モデル一覧

日産・シーマ 初代 FPY31型
初代 FPY31型

日産シーマ初代 FPY31型は、1988年のバブル景気の絶頂期に、日産自動車が販売していた高級セダンであるセドリック/グロリアの上級仕様車として登場しました。当時としては、初めての「メンバーズカー」で500万円の高価格帯でありながら、初年度だけで約三万六千四百台が販売された人気車となりました。最大の特徴は、圧倒的なターボパワーと高級車としては斬新なフォルムにありました。4年間の販売台数は12万9,000台にも及び、「シーマ現象」という現象を生み出しました。

日産・シーマ 二代目 FY32型
二代目 FY32型

日産自動車が製造販売している高級セダンシーマは1991年にフルモデルチェンジし、2代目 FY32型に移行しました。シーマ現象を巻き起こした初代モデルの初めてのフルモデルチェンジなので注目が集まりましたが、その特徴として外観はキープコンセプトですが、ハードトップからセンターピラーを持つセダンに変更され、パワートレインはV6 3.0Lのほかに、VH41DE型 4.0 L V8 が搭載されました。またサスペンションには油圧式アクティブサスペンションが採用され乗り心地が向上しました。

日産・シーマ 三代目 FY33型
三代目 FY33型

1996年から2001年にかけて生産された3代目 FY33型シーマの特徴は、ドイツ車のような重量感のあるデザインに変更されたことです。安全装備としてSRSサイドエアバッグが全車に標準装備されましたが、これは日本車では初のこととなります。搭載されるエンジンは、前モデルと同じVH41DE型と新しいエンジンとしてVQ30DET型 V6 DOHC 3.0Lターボの2機種が用意されました。姉妹車としてインフィニティQ45があります。

日産・シーマ 四代目 F50型
四代目 F50型

シーマの4代目 F50型の際立った特徴といえばバルカンヘッドと呼ばれる小型のプロジェクターを中心に、それを囲むように6つの配置されていたヘッドライトが印象的です。またオプションで取り付けることが可能なレーンキープサポートシステムは画期的で、CCDカメラが高速道路の白線を認識し、自動で逸脱しそうになる進路を調整してくれるシステムに世界中のマシンメーカーが注目しました。フルモデルチェンジを果たした4代目 F50型のファンの方は世界中で少なくありません。

日産・シーマ 五代目 HGY51型
五代目 HGY51型

シーマ5代目 HGY51型では、その生産工程において、特別な取り組みが行われていることが特徴です。高級車としての品質を高めるため、個室で塗装の最終工程を丁寧に実施しています。また、一台ずつ細かな走行試験を行い、工場長の直筆サインが書かれた品質検査確認書をつけたりもしています。このような努力もあり、シーマ5代目 HGY51型はラグジュアリーな雰囲気を押し出した大人の車という存在となっていて、高い人気を得ています。

日産・シーマ(Cima)の買い替えタイミング(走行距離と使用年数を考慮)

日産,シーマ,買取,査定

シーマは日産自動車が生産する最高級セダンです。

 

シーマは元々、かつて同社が生産していた高級セダン「セドリック」「グロリア」の上級モデルとして1988年のバブル経済絶頂期に誕生し、現在の5代目モデルまで引き継がれる一般向け高級セダンとして存在します。

 

現行モデルがY51型で、2012年からの生産となり、同社が生産するフーガと一部ユニットを同一としながら、後部座席のクリアランスが140㎜フーガよりも長いことやインテリアスペックなどの機能に差があります。

 

過去に日産が生産していた同社最高級車「プレジデント」は、市販モデルではなく主に法人車や要人車(VIPカー)として販売されていた側面があり、先代のF50シーマとコンポーネントを同じくしながら市場性にかけていたことで、実質シーマが最上級車として日産トップの座に君臨しています。

 

シーマは、法人として導入されることの多い車で、3年5年のタイミングで買い替えが行われることが多く、リース終了にて入れ替えがされるため、使用年数3年から5年といった車両が多いです。

 

VIPなどの移動車として導入される側面から走行距離は高めでありながらメンテナンスが行き届いていており、低燃費車が人気が高い中、大型排気量のシーマが中古車市場で人気に欠けることからお値打ちに購入できるでしょう。

 

買い替えタイミングを考慮する上で、シーマの走行距離使用年数は重要な要素です。
走行距離・使用年数が長ければ、中古車市場における買取価格が下がる傾向があります。

 

ドライバーが現在乗っているモデルのシーマを売って、新モデルに乗り替えたい場合には、
車を高値で買い取ってもらうか、下取りに出す事で安く乗り替えられます。

 

シーマには、様々なモデルがありますので、中古車市場でもそのモデルや年代毎に
買取価格が変わってきますが、それ以外の価格変動の要素として使用年数走行距離は重要です。

 

価格変動が大きいので、一括査定見積りサイトを複数使用して、
なるべく高く買い取ってもらう会社を探すことが重要になります。
くれぐれもディーラーの口車にのって、せっかくのシーマを安く手放したりしまわないでください。

1.まずは日産・シーマ(Cima)の現在の買取り相場を調べましょう!

自分の日産・シーマ(Cima)グレード年式走行距離が分かればだいたいの買取り査定価格が分かります。
実際にシーマを売る前に、この自分のクルマの相場を知っておくことは非常に大切です。

 

これを知らないと、査定のプロである業者のいいなりです。
高価買取の1つ目のポイントです!

No 地域 年式 車名・グレード 排気量 走行距離 査定額
1 北海道 H.13(2001)年 日産 シーマ 4.49L 改ざん車両 37.8万円
2 埼玉県 H.14(2002)年 日産 シーマ 450XV 4.50L 80,000km 60万円
3 神奈川県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.49L 54,000km 29.8万円
4 岐阜県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XL 4.49L 46,000km 158万円
5 岐阜県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.49L 80,000km 148万円
6 神奈川県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.49L 95,000km 37.8万円
7 岐阜県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.49L 88,000km 158万円
8 岐阜県 H.14(2002)年 日産 シーマ 300Gグランドツーリング 2.98L 67,000km 168万円
9 大阪府 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.50L 53,000km 148万円
10 千葉県 H.18(2006)年 日産 シーマ 4.50L 98,000km 47万円
11 高知県 H.10(1998)年 日産 シーマ 41LX 4.10L 46,828km 58万円
12 愛知県 H.18(2006)年 日産 シーマ 4.5 450XV 4.49L 58,000km 130万円
13 岡山県 H.18(2006)年 日産 シーマ 450XV 4.50LL 91,000km 75万円
14 新潟県 H.17(2005)年 日産 シーマ 450VIP 4.50L 95,000km 29.8万円
15 岐阜県 H.13(2001)年 日産 シーマ 450XV 4.49L 80,000km 148万円
16 東京都 H.14(2002)年 日産 シーマ 300G 3.00L 131,000km 39.9万円
17 大阪府 H.3(1991)年 日産 シーマ ターボ 2.96L 101,800km 70万円
18 福岡県 H.8(1996)年 日産 シーマ 3.0 2.98L 46,000km 69万円

(参考:車選び.com/ 2018/7) 日産・シーマ(Cima)
※あくまで参考なので、最新情報をご確認願います。

2.大事な日産・シーマ(Cima)を近所の買取店・ディーラーに持ち込まない!

日産,シーマ,買取,査定

よくやってしまう失敗が適当に近所の中古車屋さんやディーラー買取店
日産・シーマ(Cima)を持ち込んでしまう事です。

 

一般の店ではパーツも高く専門外のためリスクも高くなりますので、かなりマージンを取って
安い価格しか提示されないことが多いです。
これでは高価買取は不可能です!

 

したがって近所の店では無く、しっかりとした知識のある専門店やシーマに力を
入れている業者の方が高く売れる傾向にあります。

 

人気車種であるシーマなら日本全国に買いたいという業者はいます。
高価買取も夢ではありません。
シーマに強く、その中から一番高く買ってくれるところを見つければいいだけです!

3.3つの有名な一括査定サイトを利用して高値を知る!

日産,シーマ,買取,査定

日産・シーマ(Cima)の専門店やシーマを高価買取してくれる査定業者を見つけると言っても片っ端から電話したり、
ネットサーフィンするなんて面倒ですよね!
そこでお勧めしたいのが「一括査定サイト」です!

 

シーマの車種、年式、走行距離とこちらの連絡先を登録すると、
最大10社の中から1番高く売る事の出来る業者が分かるサービスです。

 

たった1回で入力するだけですから、9回分の面倒な入力が省ける訳です。
ネットで完結しますから、電話査定などと違って時間を拘束されることもありません。

 

大手は150社以上の登録がありますから、もちろんシーマを得意とする専門店もあります。
一括査定サイトは、その中から1番高く売れる業者をピックアップしてくれます。

 

現在、そのような大手の「一括査定サイト」で安心して利用できる会社が3つあります。
出来れば全部に登録しましょう!

 

高額査定は単純に確率論ですから、多くの業者に自分の売りたいクルマを見てもらう方がいいに決まっています。
冒頭でも述べましたが、クルマを高く売る決定打はズバリ「一括査定サイト」です!

 

>>シーマをできるだけ高く売る特別な方法はこちらから!!<<

日産・シーマ(Cima)の特徴と買取査定体験談

日産・シーマ(Cima)の特徴や魅力

日産・シーマ(Cima)

日産・シーマ(Cima)は1988年から製造されているセダン型の大型乗用車で、日本のバブル景気に「シーマ現象」として人気を誇りました。

 

幾度かのモデルチェンジを行い、現在ではハイブリッド車として復活しています。

高級車の威厳溢れるフォルムとハイブリッドシステムが魅力

日産・シーマ(Cima)の特徴は斬新なフォルムや高級カーとしての威厳ある風格です。2010年に一時生産修了したものの愛好者の声で復活したハイブリッドのシーマは日産らしい性能が維持され、セダン車としてパワーがありながらも低燃費が実現されています。

 

ハイブリットシステムでは、モーターの静粛性や滑らかな走りと加速性能でパフォーマンスも高く、エンジンバッテリーではパワーと環境にやさしい性能が両立され、ゆとりある走行ができます。

 

安全性能では歩行者への配慮やブレーキング制動などの細かい機能が採用されていたり、威厳あるデザインの存在感とシーマ最大の広さになる座席空間などの魅力が歴代最高となっています。

 

日産・シーマ(Cima)を一括買取査定サイトで高く売却した体験談

日産,シーマ,買取,査定

無理して日産・シーマ(Cima)に乗っていたのですが、維持がきつくなってしまって手放すことにしました。

 

一度いい車に乗ってみたいという思いがあったので、後悔はなかったのですができれば乗り続けたいとは思いました。

 

しかし、到底維持し続けて行くことができる車でもありませんから値段がつく内に手放してしまおうと思ったのです。

 

大事に乗っていたので状態は良かったため、少しでも高く売りたいと考えていました。

高く売れたという体験談を参考に一括買取査定サイトを利用

そこで、どうすれば高く売る事ができるか情報を集めてみたところ一括買取査定サイトを利用して高く売れたという体験談が多かったので、自分もそれをまず試すことにしたのです。

 

一括買取査定サイトを利用してみると、たしかに一度に複数の買取店に対して査定の申込をすることができましたから、金額の比較をするには便利だなと感じました。

 

さすがに元が高い車だけに査定額の差もかなりの開きがあって、上と下とでは30万円も違ったので一括買取査定サイトを知らなければ30万円も安く売っていたかもしれない状況だっただけにこの時点で利用をして良かったと思いました。

 

その後は実際に査定をしてもらって本当の価格が決まることになったのですが、この際の交渉がなかなか大変で金額が大きいだけに決断をするのに苦労をしました。

 

それでもじっくりと時間をかけたことによって、満足のできる金額で日産・シーマ(Cima)を買取してもらうことができたので良かったです。

 

日産・シーマ(Cima)を中古車一括査定で高く売る方法

愛車を高く売るためには、たくさんの見積りを入手する方が高く売る確率を高くできます。
一括買取査定業者の入力は簡単なので、3社に申し込んでも10分ぐらいで終了できます。

 

10分の入力を面倒がって、数十万円も損したんなてことにならないで下さいね!
見積りの入手性会社の信頼性を考慮した最適な一括買取査定サイトは以下の3社になります。
【1】カービュー ⇒ 【2】ズバット車買取比較 ⇒ 【3】かんたん車査定ガイド

 

↓↓下取価格を高くしたいなら現状の査定額を確認!30万円も違う時があります↓↓

ズバット車買取比較


>>少しの作業で30万円も査定額をアップさせる特別な方法はこちらから<<

トップへ戻る